希望の党代表を辞任

2017/11/14(火)23:00
都政に専念するとして小池代表が辞任しました。希望の党の小池代表はきょう「国政は国政の皆様に任せたい」として党の代表を辞任しました。党内での求心力が低下する中、国政とは一線を引き今後は特別顧問など、別の形で関わる考えです。辞任の背景には小池氏が都政と国政を兼任することに否定的な公明党に向けて都政への専念をアピールする狙いがあるとみられますが都議会公明党は連携を見直す姿勢を示しています。小池氏の後任には玉木共同代表が就任し、希望の党の役員人事は古川元久幹事長や大島敦代表代行などが決定しました。
続きを読む