北朝鮮への圧力を確認

2017/11/14(火)23:00
安倍総理大臣は訪問中のフィリピンで会見し、北朝鮮への圧力の必要性を各国と確認できたとして、今回の外遊の成果を強調しました。その上で、北朝鮮の核・ミサイル開発の放棄に向けて引き続き国際社会と連携していく考えを示しました。また、閣僚間で大筋合意に至ったアメリカを除く11ヵ国のTPP=環太平洋経済連携協定については「出来るだけ早期に発効したい」と重ねて意欲を示しました。
続きを読む