エレコム ARで配信サービス

2018/07/05(木)23:00
パソコン周辺機器を手がけるエレコムはきょう、AR=拡張現実の技術を利用して簡単にコンテンツの配信などができるサービスを始めました。サービスは、バンダイナムコホールディングス傘下のメガハウスと共同で提供します。専用のアプリで商品カタログをスキャンすると宣伝動画が自動で再生されたり、紙で作ったふくろうにカメラを向けると鳴き声が再生されるといったコンテンツが配信できます。競合他社のサービスの利用料金は、おおよそ月額2万円からですが、エレコムは月額980円からと低額に抑えました。なかなか進まないARの普及を促進する考えで、イベントや広告で活用したいという企業のニーズを狙います。
続きを読む