コンビニ食品に軽減税率

2018/10/04(木)23:00
来年10月に予定されている消費税率の引き上げとともに導入される軽減税率を巡り、財務省は店内に休憩スペースのあるコンビニやスーパーでも、飲み物や食べ物を原則として軽減税率の対象とする方針を固めました。店内で飲食する目的の場合、レストランなどと同じく軽減税率の対象外になるため、休憩スペースに「飲食禁止」と明示することが条件となります。
続きを読む