世界初iPS角膜移植へ

2019/03/05(火)23:00
厚生労働省の専門家会議はきょう、世界で初めてとなるiPS細胞から作った角膜を移植する臨床研究計画を大筋で了承しました。計画は大阪大学が申請したもので、角膜が濁って視力が低下する角膜上皮幹細胞疲弊症の患者を対象に、他人のiPS細胞から作った角膜細胞をシート状にして移植します。研究チームによりますと従来の角膜移植よりも拒絶反応の心配が少なく、うまくいけば一度の移植で視力の回復が見込めるということです。早ければ6月にも最初の移植が行われる見通しです。
続きを読む