日本初のウイスキーコンペ

2019/03/12(火)23:00
日本初となる洋酒の品評会、「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション」が都内で開かれました。世界で評価が高まるジャパニーズウイスキーをはじめ世界各国の洋酒527品目が出品されました。審査では、審査員1人につきおよそ20種類の酒を、名前を隠してテイスティングし、香りや味、余韻などを採点します。今後部門ごとに優秀賞を決め、6月に授賞式を行う予定です。日本では3年ほど前からウイスキーの蒸留所が相次いで誕生していて、主催者側はそうした新しいお酒の情報発信に努めたい考えです。
続きを読む