副業推進へ規制見直し 規制改革推進会議が答申

2019/06/06(木)23:00
政府の規制改革推進会議はきょう、副業や兼業の推進などを求める答申をまとめ、安倍総理大臣に提出しました。現行の労働基準法では、複数の職場で働く人の労働時間を合算しますが、答申では、これによって企業が副業や兼業に消極的になっている恐れがあるとして見直しを求めました。政府は、答申を基に規制改革実施計画をつくり、月内にも閣議決定する方向です。
続きを読む