“老後2,000万円不足”は不適切表現 金融庁試算で麻生大臣釈明

2019/06/07(金)23:00
金融担当大臣を兼務する麻生財務大臣は、95歳まで生きるには退職後に夫婦で2,000万円不足する例もあると試算した金融庁の報告書について、「老後を豊かにする額を示したものだ」と説明し、赤字という表現を使ったのは「不適切だった」と釈明しました。
続きを読む

関連キーワード