老後2,000万円で総理釈明 年金制度の持続性を強調

2019/06/10(月)23:00
老後の蓄えとして、夫婦で2,000万円が必要になるとした金融庁の報告書について、安倍総理大臣は参議院の決算委員会で釈明しました。その上で安倍総理は、今年度の年金支給額は増額になっているとして、年金制度の持続性を強調しました。また、麻生副総理が、報告書について「冒頭の部分は目を通したが全体を読んだわけではない」と答弁して、議場が紛糾する場面も見られました。
続きを読む