GDP年2.2%増に改定 1-3月期 設備投資がプラスに

2019/06/10(月)23:00
内閣府が発表した1月から3月期のGDP=国内総生産改定値は、物価変動を除いた実質で前の3ヵ月に比べて0.6%増加しました。このペースが1年続くと仮定した年率では、2.2%増となりました。企業の設備投資が上方修正された一方、住宅投資などは下方修正され、速報値の年率2.1%増から小幅に上方修正されました。
続きを読む

関連キーワード