中東安定化に向けオマーンと連携 安倍総理が“全方位外交”

2020/01/14(火)23:00
中東を歴訪中の安倍総理大臣は、全方位外交を展開し、イランとも友好関係を維持するオマーンを訪れています。首都マスカットで、アスアド国王特別代理と会談した安倍総理は、中東情勢の安定化にむけて、ともにイランと良好な関係をもつ日本とオマーンが連携していくことを確認しました。イランとの対立が続く、サウジアラビアやアラブ首長国連邦との会談でも安倍総理は外交努力すなわち対話の重要性を訴え、意見の一致を見ました。総理周辺は、「中東各国も、アメリカとイラン双方が軍事衝突を避けたいと思っている今こそが、事態打開のチャンスだと思っている。両国に顔の利く安倍総理が、このタイミングで対話を呼びかけたことに、各首脳とも感じるところがあったようだ」と話しています。
続きを読む