河井夫妻 初公判で無罪主張 参院選での買収事件

2020/08/25(火)23:00
去年7月の参議院選挙を巡る買収事件で、公職選挙法違反の罪に問われた前の法務大臣・河井克行被告と妻の案里被告の初公判が東京地裁で開かれ、2人は無罪を主張しました。初公判で2人は、現金の提供について大筋で認める一方で、克行被告は「選挙運動を依頼する趣旨で供与したものではない」と述べ、案里被告も「統一地方選に立候補していた人への陣中見舞い」などと説明し、起訴内容を否認しました。事件では受領したとされる地元議員らが刑事責任を問われておらず、克行被告側は刑事処分を見送る「裏取引」があったとして裁判の打ち切りを求めました。
続きを読む