北京で日本技術アピール PM2.5測定器や浄化技術

2013/07/23(火)23:00
中国で最大の環境技術の展覧会がきょう、北京で始まり、日本からは三菱マテリアルなどの大手に加え、およそ20の中小企業や団体も参加し、独自の環境技術を売り込みました。会場では、汚染物質PM2.5の測定器や土壌や水の浄化技術などに問い合わせが相次いでいました。展覧会は26日までの予定でおよそ5万人の来場が見込まれています。
続きを読む