改正マイナンバー法が成立

2015/09/03(木)23:30
国民に割り当てられる12桁の番号、マイナンバーの利用範囲を広げる、改正マイナンバー法が3日の衆議院本会議で可決、成立しました。改正法案は5月に衆議院を通過したものの、日本年金機構のシステムから個人情報が流出した問題を受け、基礎年金番号とマイナンバーを結びつける時期を延期するよう修正された後、再び衆議院で採決する運びとなりました。改正マイナンバー法は、来年1月に導入される予定のマイナンバーの利用範囲を拡大して、2018年から金融機関の預金口座などにも適用するというものです。政府は国民の資産を正確に把握し、年金の不正受給などを防ぐ狙いですが、個人情報が流出する恐れが高まるという指摘もあります。
続きを読む