電通 2.3億円を不適切請求

2016/09/23(金)23:00
電通は、きょう、インターネット広告の代金を、一部の企業に不適切な形で請求していたと発表しました。その金額は2億3,000万円にのぼるということです。電通はインターネットの企業広告で、実際には掲載しなかったり、掲載期間がズレていたりしたにもかかわらず契約通りの金額を請求していました。7月に広告主であるトヨタからの指摘で発覚したもので、これまでに判明している不適切な案件は、633件、111社にのぼるということです。電通は、今後も調査を継続し、年内をめどに再発防止策などをまとめる予定です。
続きを読む