東京五輪 費用3兆円超す可能性

2016/09/29(木)23:00
2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催費用などを検証する東京都の調査チームは、当初およそ7,300億円を想定していた大会の経費が、3兆円を超える可能性を指摘しました。その上でコスト削減のため、3つの会場の建設中止を含む大幅な見直し案を小池知事に提出しました。建設中止を提言したのは、ボートとカヌーの会場の「海の森水上競技場」、水泳会場の「オリンピックアクアティクスセンター」、バレーボール会場の「有明アリーナ」です。それぞれ整備費が想定をはるかに上回ると指摘し、既存の会場を改修して活用する案を提示していますが、大会組織委員会の森喜朗会長ら大会関係者の間には戸惑いの声も上がっています。都は今後、案について検討し、1ヵ月をめどに見直しの方向性を示すとしています。一方、移転の延期を決断した豊洲市場では青果棟のある5街区の地下水から環境基準値を超えるベンゼンとヒ素が検出されました。
続きを読む