売り切れ続出 加熱式タバコ 首都決戦へ!

2017/05/30(火)23:00
世界のたばこメーカーの販売本数で2位の「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ」は7月から東京などで火を使わない加熱式たばこ「グロー」を販売すると発表しました。グローは去年12月から世界で初めて仙台市内で試験販売され、想定以上の売れ行きです。灰が出ず、臭いも少ないのが特徴。迎え撃つのは世界1位の「フィリップ・モリス・インターナショナル」が発売する「アイコス」で、加熱式たばこでおよそ9割のシェアを誇ります。東京では2年前に販売を始めましたが、現在も品薄状態は続いています。一方、世界3位のJTも加熱式たばこ「プルーム・テック」を6月末から都内で販売します。紙たばこと比べ、臭いを99.8%カットしたことを最大の強みとして臭いを気にする喫煙者にアピールしていく考えです。
続きを読む