究極の青田買い!? 孫正義社長が若者支援

2017/05/30(火)23:00
これまで巨額の投資をしてきたソフトバンクグループの孫正義社長。次は財団をつくり、若者の育成を支援しようと動いています。去年12月に「孫正義育英財団」が設立され、その最終選考に110人が残りました。9歳から25歳の次世代のリーダー候補たちが羽生善治三冠やiPS細胞の山中教授たちを前にプレゼンを行います。支援を受けたい理由は総理大臣になるためや研究のためなど様々です。孫社長は財団を設立した理由を「コンピューターの知的能力が人間を超えても負けないような若者を支援しなければいけない」と言います。
続きを読む