「核のごみ」最終処分場 建設候補地の絞り込みへ

2017/07/28(金)23:00
原発で使用した核燃料を再処理してガラスで固定化した高レベル放射性廃棄物、通称「核のごみ」の処分処理場について、経済産業省は建設に適した地域と適さない地域を地図上で示した「科学的特性マップ」を公表した。マップでは、火山帯や活断層などのある場所をオレンジ色で示し、建設地に適さないとした。また、鉱物資源が地下に存する地域をグレーで示し、同様に適さないとしている。それ以外は適した地域だが、中でも海岸沿いは船での廃棄物の運搬を想定し、「輸送面でも適している」とした。処分場は国内にはなく、政府は候補地の選定を進めたい考えだが、地元の反発は必至で難航が予想される。経済産業省は秋から、処理場の必要性などについての説明会を各地で開き、住民や自治体の理解を得たい考えだ。
続きを読む