サードウエーブの次? コーヒー業界 注目は“焙煎”

2018/07/30(月)23:00
国内のコーヒー消費量は20年前に比べると3割ほど伸び、今も拡大を続けています。こうした中、コーヒー業界が次のトレンドとして注目しているのが「焙煎(ばいせん)」です。コーヒー大手のキーコーヒーが5月に開いた「CRAFT SHARE-ROASTERY 錠前屋珈琲」では、小型の焙煎機を設置。機械の時間貸しや焙煎体験サービスを提供しています。女性の人気が高く、コーヒーの裾野を広げていく目的があります。こうした動きは缶コーヒーでも広がっていて、サントリーは焙煎工場を新設。新製品でも従来との焙煎の違いを強調しました。コーヒー市場の中で缶コーヒーは、コンビニの入れたてコーヒーやペットボトル入りに押され気味ですが、焙煎という「原点回帰」で客のニーズをつかんでいく考えです。
続きを読む