打倒!本麒麟へ “第3のビール”新商品が続々

2019/01/10(木)23:00
ビールや発泡酒と比べて価格の安さが人気の第3のビールですが、2018年の販売数量ランキングを見ると、1位はキリンビール「のどごし生」、2位はサントリービール「金麦」、3位はアサヒビール「クリアアサヒ」となりました。いずれも約10年前に発売された商品で、激しいシェア争いを繰り広げています。そこに殴り込みをかけたのが去年3月に発売された「本麒麟」です。ビール類全体の市場は年々縮小していますが、第3のビール市場は今、この商品の登場によって活性化しています。実際、ライバルメーカー3社が、春までに新商品を相次いで発売します。打倒「本麒麟」、第3のビールを制するのはどのメーカーでしょうか?
続きを読む