勢力図変わるか 緑茶市場に大型ルーキー

2019/03/19(火)23:00
ペットボトルの緑茶飲料に大きな変化が生じるかもしれません。現在のトップブランドは伊藤園の「おーいお茶」。18年には8,990万ケースを販売して2位以下に大きな差をつけています。次いで「綾鷹」「伊右衛門」「生茶」と続きます。緑茶飲料の市場を見てみますと消費者の健康志向などを追い風に拡大が続いていて、2018年は過去最高を記録しています。そして19日、サントリーの有力ブランド「天然水」から新たな緑茶飲料が発表されました。成長市場で、各社の競争が激しくなる中、緑茶飲料のシェアを変えることになるのでしょうか。
続きを読む