違約金1,000円へ 携帯各社の競争が激化!?

2019/06/19(水)23:00
携帯電話の料金をめぐるニュースです。いま、NTTドコモやソフトバンクなど大手の携帯電話会社を使っている人の多くが毎月の料金を安く押さえるために2年間継続して使う契約をしています。途中で解約した場合、9,500円の違約金が発生します。これが、他の携帯電話会社に乗り換えしづらくなる大きな壁になっています。
総務省の有識者会議ではこの違約金の上限を1,000円とする方針を示しています。違約金を引き下げることで、利用者が携帯電話会社を乗り換えやすくして競争を促すためです。これにより携帯電話業界に大きな変革が起ころうとしています。
続きを読む