コロナに思う#43 ジム・ロジャース

2020/06/23(火)23:00
リレーメッセージ「コロナに思う」。今回は、伝説のヘッジファンド、クオンタムファンドをジョージ・ソロス氏とともに設立したことなどで知られる投資家のジム・ロジャーズ氏です。世界を変えたといわれる新型コロナですが、ロジャーズ氏は、危機の中にもチャンスの芽は見つけられるといいます。

============================
マーケットと経済は全く別物です。新型コロナ以降、どの政府もとてつもない金額の紙幣を刷り、使っています。巨額マネーの一部は市場に流れ込んでいます。日銀も含めて毎日紙幣を刷り、大量に株式、ETF、債券などを購入していてマーケットは実体経済よりよく見えています。世界にとって良いことではありませんが、マーケットにとっては別です。

政府はそれしかやっていない。でも、これは正しいことではない。来年以降、債務は世界中でとても大きく膨らんでいるでしょう。若い人にも高齢者にとっても問題ですが、特に(将来を担う)子どもにとっては深刻です。これから数年は以前のような繁栄はないでしょう。債務が大きく膨らむからです。

ただ世界は常に変化しています。航空業や観光業というのは大幅な下落状態ですが、3年後、5年後、人々が日本に来る際には船ではなく飛行機を選ぶでしょう。しばらくの間、世界は以前ほど繁栄しないかもしれませんが、いつか人々は飛行機にまた乗るし、旅行も外食もし始めると思います。

それにこれから新しい産業が浮上します。私はテクノロジーに詳しくありませんが、もしあなたが詳しければ大きなチャンスになるでしょう。私の子どもたちは今、自宅でのオンライン教育で勉強していますし、多くの人が食べ物をネットで注文しています。このうちいくつかはここ数年で急ピッチで成長していくでしょう。

ファッション、食べ物、自動車など自分の得意分野を大事にしてください。あなたの得意分野であれば、私より詳しいのだから、それを大事にすべきです。あなたの前にチャンスが転がり込んだとき、私よりも早く見つけるでしょう。何かを見つけたらリサーチして、そこに投資をしたら絶対に成功しますよ。
続きを読む