都知事表明 政府目標に先行 2030年までに「脱ガソリン車」

2020/12/08(火)23:00
東京都の小池知事は、都内で新車として販売されるガソリン車を、2030年までにゼロとする目標を示しました。都議会本会議で答弁した小池知事は、このように述べ2030年までにガソリンエンジンだけで動く新車の販売をなくし、電気自動車やハイブリッド車などに切り替える方針を表明しました。購入費補助などの支援や業界団体への要請を通じて実現したい考えです。国は脱ガソリン車の目標を「30年代半ば」とする方向で検討していますが、国に先駆けて、温室効果ガスの削減に取り組む姿勢を打ち出した格好です。
続きを読む