拡大する越境EC市場 海の向こうで“ノート”が売れるワケ

2019/02/28(木)23:00
どこでも売られている“ノート”が、実は海の向こうで大人気となっている商品なんです。国を超えたインターネット通販、いわゆる越境ECを通じて買われているのですが、例えばアメリカの消費者が越境ECで購入する日本からの製品は、2017年の7,128億円から2021年には、およそ1兆2,000億円まで増える見通しです。新たな販路を求め、海外へ挑戦する日本の中小企業を後押しする動きがいま、活発になっています。
続きを読む