池上彰が行く、アジア沸騰街道900キロ!

2015/12/07(月)22:00
池上彰が、「南部経済回廊」を走破する。アジア沸騰街道から、東南アジアの魅力と可能性、そして日本の関与の仕方を徹底取材・解説する!
<二宮金次郎像!昭和のニッポンを発見!>
ホーチミンを出発した池上。路上にはバイクや車が溢れ、40年前に戦争を終えたとは思えない発展ぶりを示していた。そこで出会ったのはベトナムの若者たち。彼らが学んでいたのは日本語。そして、建物の入り口には懐かしの像が・・・
<マンガから見えた物流大変革!>
ベトナムとカンボジアの国境を越えると、巨大な橋が突如出現。「つばさ橋」だ。日本の無償資金協力で建てられ、開通したばかり。池上は、ベトナムの港についた荷物が向かう場所へ・・・着いた場所は経済特区。そのひとつを覗くとそこには日本の古本マンガが!その理由とは?
<あの“船を乗せたホテル”がカンボジアに!?>
日本が造り、カンボジアの人々に長く使われている「日本橋」。その真横に去年、「中国橋」というもう一本の橋が完成した。メコンの小島を埋め立ててできた土地には、あのシンガポールのホテルと見まごうビルが建設中…。リゾート開発も進んでいた!その驚くべき実態とは?
<南部経済回廊で見たニッポンの貢献>
カンボジアには地雷がいまだ600万発眠っているといわれている。地雷撤去に活躍する地元組織を支えるのは、日本政府。地道な地雷除去を支援している。
一方、日本人女性が、情熱を傾けているのは、カンボジアにかつてあった高度な陶器文化の再興。日本ならではの貢献の姿がそこにあった。
<タイに日本製車両1号が到着!>
首都バンコクを目指すと、圧倒されたのはその発展ぶり。高層ビルが立ち並び、ラッシュアワーの渋滞はいまや世界有数だ。車両基地にあったのは日本から届いたばかりの鉄道車両。「パープルライン」と呼ばれるこの鉄道、日本がタイで初めて受注に成功した悲願の鉄道プロジェクトだった。
続きを読む

関連キーワード