○○焼き肉、新バーガー…アジアの巨大市場に挑む!

2019/05/15(水)22:00
人口2億6000万人のパワーで、急成長する巨大市場インドネシア。日本はどう食い込んでいくのか…奮闘を追った。インドネシアでも大人気の日本食。しかし「寿司グルーヴ」や「一喰堂(いっくう堂)」など、見たことのない日本食店も乱立。そんな中、日本で生まれた新興焼肉チェーンが先月、初の海外店をインドネシアにオープン。これまでにない驚きの戦略で、地元の人たちの心を掴んでいる。さらに“マック”復活や新興勢力の台頭によって、国内で苦戦を強いられているモスバーガーも先月、インドネシアで新たな店舗をスタートさせた。反転攻勢へ・・・モスが誇る新メニューを初公開。

【痴漢も続出“通勤地獄”がニッポン式で激変!】
世界最悪と言われるインドネシアの首都ジャカルタの大渋滞。“通勤地獄”の驚きの実態をジパングが記録していた。そしてこの春、人々が待ち望んだ巨大インフラが完成。日本が手がけたインドネシア初の地下鉄だ。一人の女性の家からオフィスまでを密着取材。「以前とは比べ物にならない」という驚きの激変ぶりが・・・。

【M6.8の地震と津波警報 その時、取材班は・・・】
日本同様「地震大国」として知られるインドネシア。去年9月、スラウェシ島を襲った大地震と津波で約4800人が犠牲になった。そして今、東日本大震災の経験を生かし、日本が復興に向けた独自の支援を続けている。そして今回の取材中、マグニチュード6.8の地震が発生し、津波警報が発令された。取材班が遭遇した緊迫の一部始終とは・・・。
続きを読む