ココまで来た!世界のAI&ロボット

2019/09/04(水)22:00
数年前からよく聞くようになった「AI」という言葉。言葉としては知っているが、実際に「どのように使えるかわからない」という状態が続いていたが、ここに来てその使われ方が見えてきた。AI先進国アメリカと中国で、最新のAIとロボットを取材。
交通、飲食、生活、娯楽といま、あらゆる分野でAIが使われている様子を紹介する。

【アメリカ最新AIは、無人配達ロボ&ハイテク移動スーパー】
アメリカ西海岸で、街を走る小さなロボットを発見。
これ何かというと…AI機能を搭載した配達ロボット。小さなロボットが、ピザやタピオカミルクティーを、注文した人のところまで届けているのだ。カメラが6つついたこのロボットは、もちろん信号が赤なら止まるし、青ならスタートする。また、野菜や果物を積んだ、ハイテク移動スーパーも登場。これも、運転手がいないどころか、運転席もついていない代物。

【中国の最新AIは、自動運転バス&驚きレストラン】
中国では、可愛らしいパンダが描かれたバスが街を走る。しかしこれ、その風貌とは違い、凄いハイテク。現金やカードではなく、手の平の静脈を認識し料金を払い、運転は、自動運転。信号や交通状況を見て、バスが勝手に走る。客を乗せて、自動運転のバスがもうすでに走っているのだ。また、北京で人気だというレストランに行くと、厨房に全く人がいない。工場でよく見るような機械のアームが、いくつも動いているのだ。
人の仕事を機械が奪っている、と思ったら、このレストランではそうではなかった。

【中国の最新AIは、自動運転バス&驚きレストラン】
中国では、可愛らしいパンダが描かれたバスが街を走る。しかしこれ、その風貌とは違い、凄いハイテク。現金やカードではなく、手の平の静脈を認識し料金を払い、運転は、自動運転。信号や交通状況を見て、バスが勝手に走る。客を乗せて、自動運転のバスがもうすでに走っているのだ。また、北京で人気だというレストランに行くと、厨房に全く人がいない。工場でよく見るような機械のアームが、いくつも動いているのだ。
人の仕事を機械が奪っている、と思ったら、このレストランではそうではなかった。

【これ見破ることができる? 最新ディープフェイク!】
えっ、この人がこんな事言うんだ、と思ったら、それは「ウソの映像」。
最近は、そんな映像がネット上にあふれている。全く本物と見分けがつかない映像が出来るのも、実は「AI」の技術があるからなのだ。これは、「ディープフェイク」と言われ、世界中で研究が行われている。人をだましたり、陥れたりするために「ディープフェイク」を使うか、それとも、映画やテレビを楽しむためなどに、「ディープフェイク」を使うか・・・。
AIやロボットは、使う人で大きくかわるのだ。
続きを読む