シリコンバレーで「お~いお茶」沸騰!お茶が最強の輸出品?

2013/06/03(月)22:00
 世界的な健康ブームを追い風に、「日本の緑茶」が世界に攻勢をかける!明治時代には、日本の主要な輸出品だった緑茶。第二の輸出ブームは来るのか!?

<ワインボトルに入った…2万円超えの超高級緑茶>
 アベノミクス効果で、日本の消費が元気を取り戻している。デパ地下では、ワインボトルに入った日本茶が1本、2万1千円で売られていた。この高級緑茶の茶葉には、江戸時代、将軍に献上されていた静岡の「天竜茶」を使用。丹精込めて作られる日本茶は、世界を席巻することができるのか!?

<健康ブームに沸くアメリカで、緑茶がブームに!>
 3人に1人が肥満というアメリカでは、2年前にオープンした緑茶カフェがニューヨーカーに大人気。日本から取り寄せた17種類の緑茶を楽しむことができる話題のカフェを、ニューヨーク支局の大江麻理子がリポートする。
 一方、IT企業が集まるシリコンバレーで、伊藤園が営業攻勢をかけていた。IT企業が集まる交流会で「お~いお茶」の試飲会を行っているのだ。情報発信力のあるITビジネスマンに営業をかけ、フェイスブックやツイッター等で、自社商品の口コミ宣伝をしてもらおうという狙いだ。シリコンバレーの攻略が、アメリカ全土、さらには世界的なPRに繋がるのだという。

<ビール大国・ドイツで抹茶が!>
 ドイツでも、日本の本格的な緑茶が浸透し始めていた。ベルリンでは、日本茶の淹れ方を教える日本茶セミナーが開かれ、日本茶で客をもてなすホームパーティもひそかなブームだ。さらに、日本茶ファンのドイツ人が、日本の緑茶、茶文化をドイツに波及させようと動いていた。鹿児島から品質の高い茶葉を直輸入し、リーズナブルな価格で販売。さらに、ドイツ人による初の日本茶専門店をオープンし、本格的な抹茶を実際に点て、客に提供する。
 紅茶、コーヒーを凌ぐ飲み物として、日本の緑茶は、世界へ打って出られるのか。
続きを読む