ニッポン再発見!お土産に商機あり!

2013/09/16(月)22:00
 今年上半期に、日本を訪れた外国人はおよそ500万人。外国人は、日本で何を見て、何を買って帰るのか?今回は、外国人が買うお土産に注目した。オリンピックの開催が決まり、今後さらに多くの外国人が日本を訪れるようになるだろうし、インターネットの普及で、簡単に手軽に好きなものが買えるようになっている。外国人に人気のお土産に、商機を見いだす日本企業と職人たちを追った。

<温水洗浄便座を世界に広めろ!>
 1980年に発売され、今では日本の70パーセント以上のお宅にあると言われる温水洗浄便座。30年の間に様々な進化を遂げた温水洗浄便座だが、外国では特に中国の富裕層に人気があり、成田空港や秋葉原で温水洗浄便座を抱える中国人やその他アジアの人達の姿を多く見かけた。一度使えば、その良さをわかってもらえるし、口コミで宣伝してくれるが、「トイレ」「お尻」の事なので、最初にセールスをかける時の苦労は半端でない。温水洗浄便座の先駆け、TOTOがいま欧州市場に風穴を開けようとしている。ホテルや日本料理店に温水洗浄便座を置いてもらい「口コミ」を狙っている。日本人営業マンに密着、果たしてその成果は?

<和包丁がいま外国人に大人気!>
 東京合羽橋にある包丁の専門店を覗くと、スペイン、フランス、カナダなど色々な国の人達を見かける。洋包丁に比べて、切れ味鋭い和包丁を買って帰る外国人が増えているのだ。それは、熊本県のある小さな包丁メーカーでも。700年以上もの歴史があるこの包丁メーカー、いまや注文の3分の1は外国からだと言う。
 そんな和包丁に魅せられ、ついには自分の国で和包丁の専門店を開いてしまったカナダ人の男性を取材。日本食ブームも伴って、サーモンなどを生で食べるのだが、いままでの洋包丁では身がグズグズに。それが和包丁だと、実にキレイに魚が切れるのだ。カナダで広がりを見せる、和包丁を追った。
続きを読む