“小さな巨人” スイスに学べ!

2013/09/23(月)22:00
 アルプス山脈の絶景を堪能することができるスイス。人口795万人を上回る外国人観光客が毎年訪れ、観光競争力は世界1位。経済における国際競争力も世界1位。まさに“小さな巨人”だ。その陰には、観光客をひきつける魅力ある仕掛け、国家戦略が隠されていた。

【“ハイジの風景”“電気自動車の村”スイス観光のウラにある戦略を探る!】
 スイス中部を走るユングフラウ鉄道…目的地はユングフラウヨッホだ。世界遺産にもなっている4000m級の山々と、ユーラシア最大の氷河の絶景が人気。しかし、山の天気は変わりやすい…そこで、はるばるやってきた観光客のために、ある対策が取られていた。また、列車の中から見えるスイスらしい牧草地帯…この風景を守るスイスの戦略とは?
 さらに、独自の“特化”戦略を取る村も。スイス南部のツェルマットは人口5700人の小さな村だが、年間250万人の観光客が訪れる。環境保護のため50年以上も前から、村の中へのガソリン車の進入を禁止。村の中を走る電気自動車は、すべて村の工場で製造している。ハンドメイドのため値段は高級車並み、デザインもオリジナルだ。ここにしかない電気自動車を使うことで、特別な観光地で有り続けようという戦略が、この小さな村にあった。

【沸騰するスイスの高級時計!陰に大逆転のドラマ】
 スイスの時計が沸騰している。別名『ウォッチバレー』と呼ばれる地方を代表する都市…時計製造の町として世界遺産にも登録されているラショードフォンで、日本人の時計職人が働いていた。そのメーカー『ジラール・ペルゴ』が製造していたのは1個数千万もする機械式時計。実は、時計産業が壊滅的な打撃を受けた時期に復活をかけてとった戦略が、職人の技術を集めた『機械式時計』だったのだ。そんな時計メーカーを支えたのが、職人の技術を学ぶための職業訓練校での教育。スイスは国ぐるみで職人たちを育てていたのだ。
続きを読む