あの沸騰現場の“その後”追跡スペシャル

2015/03/30(月)22:00
2011年11月の放送開始から約3年半、番組では80を超える国と地域の沸騰現場を取材。今回はこれまで番組で取り上げた、気になる現場の「その後」を初めて追跡した。

<超絶!串刺しロボットのその後>(2012年11月放送「世界に羽ばたく日本の技術⑥」)
神奈川県・相模原市にある小さな町工場、コジマ技研工業。焼き鳥からおでんまで何でも串刺しにできる優れた技術を取材した。あれから2年半…インドネシアであるブームのきっかけを作り出していた。

<“そばvsうどん”のその後>(2013年2月放送「世界を席巻する日本食②」)
台湾へ初出店したのが立ち食いそばチェーン最大手の「ゆで太郎」。あれから2年…SHELLYが自ら台湾へ追跡取材!店は思わぬ変貌を遂げ、そばのライバルとなる、新たな日本食ブームを発見。その「日本食」とは?

<ヨーロッパへ渡った「温水洗浄便座」のその後>(2013年9月放送「ニッポン再発見 お土産に商機あり」)
日本のお菓子や家電などを買いまくる中国人観光客たち。中でも、この頃から売れるようになっていたのが、温水洗浄便座だ。この流れに乗りこれまで未開拓だった欧州へ進出したのが、業界トップを走る「ウォシュレット」のTOTOだった。あれから約1年半…初登場となる秋元玲奈アナが、ドイツ人の家庭を突撃取材。さらに世界最大級のトイレ見本市で意外な発見が!

<反日に揺れた中国・・・親日女子大生の奇跡>(2012年10月放送「中国の行方~反日デモの裏で起きていたこと」2013年10月放送「緊迫中国シリーズ①」)
2年半前、中国で反日デモが吹き荒れるそのさなか、北京で開かれた日本企業就職セミナーに参加する北京大学の女子大生、高さん(仮名)と出会った。彼女の「その後」をSHELLYが取材。高さんは日本のある企業で、意外なヒット商品を生み出していた。そこから日中関係の近未来を占う。
続きを読む