池上彰・連続SP ピケティで大注目!超・格差社会

2015/04/20(月)22:00
「資本主義の下では、格差は拡大する」…フランスの経済学者、トマ・ピケティが書いた経済書「21世紀の資本」が世界中でヒット、日本だけでも14万部の発行を記録している。池上彰が、忍び寄る超・格差社会を徹底解説!

<1部屋34億円!NYの人気マンションvs謎の大行列>
世界から金の集まるニューヨーク。いま超高級マンション市場はリーマンショック前までの水準を越え、マンハッタン一の高さを誇る「ONE57」…セントラルパークを一望できる物件の価格は34億円。そんな超高級物件が飛ぶように売れている。一方、氷点下の早朝から外にできる大行列。ここでは年に一度のイベントが開かれるという。彼らの目的は何なのか? 

<密着取材!アメリカの富裕層と謎のテント村>
アメリカ、ヒューストン。アメリカの富裕層1%の住宅エリアに住むあるVIPが取材に応じてくれた。彼の自宅には趣味の時計コレクションが並び、2重の扉の奥には20年ほど前から集め始めたという驚きの拳銃コレクションが。さらに驚くのは別荘。なんと湖や油田もある東京ドーム104個分という広大なものだった。一方、住宅の高騰で家賃を払えなくなった人たちの姿も。取材班が向かったシアトルには新手の「テント村」が出現していた。その住人が叫んだ。「なんでこんなに不公平なんだ!」

<富める者から富んだ先に…中国・超格差の実態>
カジノで有名なマカオに、中国本土の深から押し寄せる富裕層一行。彼らの狙いはカジノではなく、競争馬投資。その中の一人は…「貴族の気分ね」。
彼らの地元、深。そこには、経済成長から取り残された人々が。彼らは今、「裸老族」と呼ばれる。家も財産もなく、年金も受け取ることができない農民工、農村出身の出稼ぎ労働者だ。80年代に、改革開放政策のもとで、内陸部から豊かになることを夢見てやってきた「出稼ぎ第一世代」の農民工、その悲痛な叫びとは!?
続きを読む

関連キーワード