池上彰2hSP ヨーロッパの“主役”ドイツ…vs日本

2015/07/13(月)21:00
池上彰が、いま注目するドイツを現地取材&スタジオ解説。知っているようで知らなかった、ドイツの全貌に迫る。

<点と線の観光戦略~田舎町が世界的観光名所に!>
世界で一番行きたい名所にも数えられるのが「ロマンチック街道」。ノイシュヴァンシュタイン城、世界遺産ヴィース教会、日本人の観光名所となる中世の街「ローテンブルグ」など、ネーミングに隠された観光戦略を解き明かす。

<戦火と東西分断の歴史を超えて~復活した世界最高峰>
旧東ドイツ“失われた街”といわれたドレスデン。美しい古都だったドレスデンは終戦間際の1945年2月、無差別爆撃を受け、街の80%以上が焼失、2万とも10万とも言われる人々が死亡した。工場が破壊され、共産化による接収、国有化を乗り越え、復活した時計メーカー…A.ランゲ&ゾーネを、池上彰が徹底取材。ものづくり大国ニッポンのヒントもあった!

<ブランド製造業~王者BMWの戦略>
世界市場販売台数トップのBMW、6月には7年ぶりにフルモデルチェンジしたフラッグシップモデルを発表。その舞台裏を取材、そこに垣間見えた、ワクワクするような“ブランド”戦略とは?

<働かないのに強い!?ドイツの謎>
ドイツはGDP世界4位、日本の後を追う経済規模を誇る。しかし、その労働時間は…日本の年間労働時間より300時間以上も少なく働きながらその経済規模を生み出しているのだ。adidasの社員に密着し、同じオフィスで働く外国人、日本人の目から見たドイツ人の働き方を取材。その生産性を上げる秘密に迫る。

<「サッチャーを越えた!?」メルケル解剖>
池上彰がドイツ・エルマウサミットの現場へ。オバマ大統領や安倍総理を相手に、落ち着いた議長ぶりを示したメルケル首相。会場では、イギリスを復活させた“鉄の女”サッチャーを越えたという評価も。メルケル首相の知られざる素顔と、力量を池上彰が解剖する。
続きを読む

関連キーワード