中国「バブル崩壊」の真相…知られざる裏側を緊急取材!

2015/09/14(月)22:00
中国が引き金となった世界同時株安。ついに「バブル崩壊」は始まったのか。その裏側と行方に迫る緊急企画。「中国バブル崩壊」の真相から、日本や世界に及ぼす影響を探る。

<中国“3大バブル”崩壊現場 大流行!中国版「ええじゃないか」>
バブルを生んだ無謀な巨大都市開発計画「中国11大模倣都市=フェイクタウン」の1つ“中国のパリ”。しかし実態は「もぬけの殻」で、襲った株の大暴落…証券会社は「早まるな!上がるまで待とう!」と自殺防止キャンペーンを展開。そんな状況下で今、中国全土の広場で大勢の市民による“謎の踊り”が大流行。その異様な光景は、幕末の日本で流行った「ええじゃないか」を彷彿とさせるのだった…。

<「世界の工場」は今…拉致・監禁された日本人社長が激白!>
製造業が集積することから“世界の工場”と呼ばれる広東省。今、製造不況が直撃していた。さらに日本企業も中国からの撤退も加速している。ある日系工場では労働者800人がストライキを起こし、日本人幹部が拉致・監禁された。その様子を監視カメラの映像と写真、社長の証言により再現。中国経済を牽引してきた「世界の工場」終焉の現場を取材した。

<VIP激減で世界一のカジノリゾートに異変?“奇抜ホテル”が続々登場!>
世界一のカジノタウンとして急成長を遂げたマカオ。世界初「8の字観覧車」を備えたアトラクションホテルやパリ風の巨大ホテルリゾートなど次々と建設。その中に着工したばかりの注目ホテルが…新国立競技場と同じ、ザハ氏設計のホテルだ。その「かつてない奇抜なホテル」の全容とは。一方マカオの年間5兆円を超える収入源が中国本土からの客だが、中国経済の影響がマカオを直撃。VIP専用ルームが次々と閉鎖。「数億円を賭ける」という知られざるVIPの実態を今回、関係者が赤裸々に告白した。中国バブルの恩恵に支えられてきた、マカオの開発バブルにも暗雲が…。
続きを読む